Twitter


東方応援中


紫茶店

”東方殴り巫女伝説”はもはや神作品だと思うんだ。

黄昏フロンティア

まだまだ緋想天で美鈴が出てくれると信じているよ!

東方花宴説

僕もネタキャラで一点描きました。あまりにもアレなので描き直したいです…


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


ステキな絵師さん(ファン)


東方情報


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方と聖地

この4日間で1300キロくらい車で走りました。

・愛知→静岡→横浜→秋葉原
・愛知→諏訪湖→諏訪大社→白樺湖→ビーナスライン→富山→金沢→雛見沢白川郷

行った県が、愛知、静岡、神奈川、東京、長野、岐阜、新潟、富山、石川…一人桃鉄です。
無論一人での小旅行ですorz


■28日
秋葉原に新しく出来た新まんだらけに行ってきました。
ショーウインドウに前から欲しかった東方本や買い逃した東方本がいくつか高値であったのですが、1万円くらいまでなら買ってもよし!という神の声が聞こえたので3冊ほど買いました。

Image051.jpg


・君と生きる(鳩血
・東方行進曲(ANGLE TYPE
・GRAZEE
ジギザギ、魚肉、猫風呂、スノーベリー)


もう2年以上前の作品になるのかな?
↑のサークルさんの初期頃の本はあまり持っていないので欲しいなぁ(´・ω・`)

ヤフオクとかで買おうとすると競り合いとかがめんどくさいのでやれないよね。



■30日
県内にある養老の滝に行くはずが何故か長野方面?へ向かっていました。
しょうがないから東方風神録の本ネタである諏訪大社へ行く事を決心した。
諏訪大社秋宮のオンバシラ?

onnbasira.jpg
このオンバシラを見た瞬間、これが神奈子がガンキャンンと言われる由縁か…等と失礼極まりない事を考えていました。春宮へ行くはずが、あまりにも適当に歩いていたせいか迷子になり途中で引き返しました。

次に、白樺湖、ビーナスラインへ向かう。
特にこれといってなかったけどビーナスラインは景色が良かった…が、標高2000M以上の所は走ったりするのでクソ怖かったんですが!

終点に着いて帰ろうと思ってナビセットしたら、来た道戻れみたいな地図が書いてあったので”あったま来たぜっ!”とベジータ並みの口の悪さでナビに言ったのですがホンキで反応がなかったのでアホらしくなって帰るほうと真逆の新潟富山方面に向かいました

富山のSAで一泊(車中)することになったんだけど精神的に死にそうでした
その時の友人のメール

”思春期みたいな行動やめてくださいよ”


    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ



■5月1日
10時ごろ金沢に着いたのですが、一人で兼六園とか回ってもしょうがないじゃんと思い、ここから比較的近い雛見沢白川郷へ何故か向かいました。

世界遺産である白川郷の知識はひぐらしでしか得ていない俺が行って良いものなのか迷いましたがとりあえず、適当に車停めた場所が前原邸の目の前でしたw

Image035.jpg
よく見ると白いワゴンがっ!
まさか前原さんはもう監督に…


そんで、車の乗ってせせらぎ駐車場へ停め速攻展望台と古手神社へ向かう。
Image037.jpg
某ゲームのタイトル画面ぽいですね。
神社は人が全然いなくて不気味でしたわ。

次は、嘘だ坂を見つけようと思い携帯でみょふ~会の手書き地図を見ながら探していたのですが全然見つかりませんでした。しかたないのでみょふ~会雛見沢レポとその画像を携帯で開き見てある程度予想を立てました。

でレポ見ていると魅音邸の後ろに嘘だ坂があるよと書いてあったので行ったらホントにあった。
Image050.jpg
嘘だ坂は本当に見つけにくい



この嘘だ坂の真横に梨香&沙都子邸がw

Image049.jpg
返事がないまるで屍のようだ


僕は意地が悪い(伊知川累)ので、この嘘だ坂と梨香&沙都子家を写真に撮る人達がどれくらいいるのか遠くの方で飛騨牛串食べながら長い事見ていたら、4グループほど梨香&沙都子家を激写している人たちがいました。
梨香を殺しにきた山狗のみなさんですか?

でも、嘘だ坂を激写している雰囲気はなかったのでもしかしたら偶然なのかもしれません。


そんで、家に帰りました。
帰路中はもう頭の中が”戦場のヴァルキュリア”の続きが気になってしょうがなかったので、一刻も早くプレイしなくてはという使命感が生まれ帰路中も楽しく帰れました。



一人だがな。





テーマ : 東方Project - ジャンル : ゲーム

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。