Twitter


東方応援中


紫茶店

”東方殴り巫女伝説”はもはや神作品だと思うんだ。

黄昏フロンティア

まだまだ緋想天で美鈴が出てくれると信じているよ!

東方花宴説

僕もネタキャラで一点描きました。あまりにもアレなので描き直したいです…


FC2カウンター


最近の記事


最近のコメント


ステキな絵師さん(ファン)


東方情報


リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントゥザサンという映画はスティーブンセガール出演の東京を舞台にした任侠映画です。

これが…また普通に見たら、クソつまらない!!

セガールが主役の映画の中で恐らくトップレベルにつまらない作品であろうこのイントゥザサン…普通に見たら開始30分で見るの止めたくなるw
あくまで普通に見た場合のみ”つまらない”ということですので、違う角度から見たら中々面白い作品だと2回目以降見たら気づいた。


まず、ミャンマーで隠密行動とかスパイとかそんな事をセガールがやってる。
敵が女をレイプしようとした事に激怒したセガールが敵部隊を皆殺しにすると言ういつものセガール節で、いつのまにか友達が一人死んで敵本拠地から脱出します。

そこでオープニングが入り、いきなり舞台は東京に移る。変なおっさんが選挙活動しているんですがその横に居る秘書ぽい女が栗山千明で目の保養になった…一瞬しか出てこないけど('A`)

俺の頭が弱いのか知らんけどミャンマーの戦闘と東京戦争の関連性が今はまだ見出せない

まぁそんで選挙のおっさんが外国人に殺される。
裏でソイツを操っていたヤクザの黒田てやつがいるんですが…

ソイツを見た瞬間


キムタク!!!(木村拓也)


kimutaku.jpg
キムタク?歳とったなぁー( ´_ゝ`)

と思いました。いや、キムタクぽいけどキムタクじゃない気がしないでもないんだけど中盤以降まで確信を持てませんでしたorz
黒田役てのは”大沢たかお”という方らしんですが俺はテレビなんて殆ど見ないので誰か知りませんし、キムタクだってここ数年まともに見たことありません。

まぁ黒田(大沢たかお)のことは今後”キムタク2世”と呼びます。


それから色々あってセガールはFBI捜査官のショーンを仲間にしてなにかの調査とかしてますがよくわかりません。
でっ

このショーンてやつは…マヌケすぎてイライラしてくる。
のび太くんスターシップトゥルーパーズのニコー少尉のダメな所をまぜた感じでとても頼りがいがない男です。

セガールがいつもどおりチンピラ(日本人)を一通りぶっ飛ばして、”もうかたづいたよ”て雰囲気が出てる最中

パンッ!!(銃声)

FBI捜査官であるショーンが(今後ヌケサク)がビビッて誤射してしまいましたw
これに驚いたセガールは目を丸くして、キレます。

ヌケサク「事故だ(´・ω・`)」

セガール「お前…正気か?( ゚д゚)・・・・」


コイツの今後の役所が一瞬で解ってしまったw
その後色々あって、セガールに”魚市場を遠くから観察しろ”と言われました。

がっ

このヌケサクは命令も聞かず魚市場の中を調査し始めるΣ (゚Д゚;)
敵の拠点であるオフィスに入っていき色々調べていたら敵である、メガネとトンガリ帽に見つかり大ピンチ

一瞬早くヌケサクの方が銃を抜くのが早かったので、メガネとトンガリ帽に

”銃を捨て手を上げろ”

と言ったのに敵は銃を捨てるどころか懐にしまうし手もあげませんww
まぁとりあえず敵を縛ってしまえば逃げる時間はたっぷりあるので余裕でしょう。
しかしコイツは…

nukesakulove.jpg
何も無かったじゃすまないと思うんだが…

敵を縛ることも、銃を取り上げることもせず、そのまま部屋から出て行きました…
そんなことをしたら当然

さっきの敵はすぐに追いかけてきます。
ヌケサクはマヌケすぎるのも程があるとおもいますよ( ´∀`)σ)A`)

すんでのトコでタクシーに乗りピンチから脱出しセガールに報告する。
そして、こいつの勝手な行動にセガール大激怒!!

セガール「観察しろと言ったはずだ、死にたいなら俺が殺す」

とまで仲間に言われる始末
しかし、ヌケサクの携帯バッテリーが切れかかっててセガールの怒りの声が聞こえてませんw

これに懲りたかと思ったらヌケサクはまた敵の拠点の一つの近くに赴き写真を撮り、たこ焼き屋ででのんきに夜飯を食べます。

intozasan.jpg
ヌケサク「たこ焼きうめーなぁ、うめぇーよ(*゚∀゚)=3」

こんなトコでのんきに飯を食べてたら当然、敵に見つかりますwww
もちろんヌケサクはこの後、敵に連れ去られていきました。


そして、殴る蹴るの暴行を受けるヌケサク!
自分が殺されると思っていないのか、中国人マフィアのの”ちぇん(橙)さん”に向かって

ヌケサク「ニヤつくな!くたばれっ!」

といいながら突き飛ばします。
しかし、ケンカが弱いヌケサクは簡単にぶっ飛ばされる
勝てないと解っていても…それでも立ち上がろうとする姿はチャレンジャー(挑戦者)の姿そのもの…

nukesaku.jpg
しかし現実は無情…健闘?むなしくチェンさんに殺されてしまいます(ノД`)シクシク
ここでおとなしくしていれば、会話の流れ的にヌケサクは殺されなかったと思います。おそらく取引の材料として捕獲されたまんまだったことでしょう

 
ようやく足手まといのヌケサクが死んだのでセガールも動きやすくなったでしょう。
ここら辺にきてようやく、それぞれの組の構成図がわかりかけてきた。

・キムタク2世組(新改革派)
・旧ヤクザ組(伝統派)
・ちぇんさん組(鉄砲玉)
・セガール組(怒り屋組)

黒田と旧ヤクザの揉め事ばかりでセガールがイマイチ本気になれてません。
別にセガールはこいつらにうらみがあるわけでも無いのが原因でしょう。

だったら原因を作ってやればいい。
頭のいいキムタク二世(キングガンダム二世みてーだなw)はセガールと結婚の約束をした女性を殺します。

婚約者を殺されたと知ったセガールは大激怒!!!
これでいつものセガール節が炸裂するハズだ!

*セガール節とは?
セガールの恋人、愛人、子供、親友、辺りが捕虜になったり殺されたりすると、セガールは大激怒して敵本拠地に単体もしくはパートナーを連れて殴りこみに行く。という節。


そんで下準備の為、知人の彫師の所へ行き武器を調達するのだが…その時のセガールの日本語の発音とセリフが笑えてくる


hitokiramasuyokore.jpg

「コレ、ヒトキレマスヨ~コレ…ネッ?コレ、今晩ツカイマスヨ…ヒトキレマスヨ、コレハ…」

婚約者が死んだ直後の会話とは思えない( ゚д゚ )

そんで、キムタク二世の本拠地である寺へ殴りこみに行く!
何か知らないけど彫り師がパートナーとして参戦してくれてるんだけど…セガールの本当のパートナーはヌケサク以外考えられない…なのでこの彫り師は死んで欲しい。

セガールと彫り師は刀を持って正面玄関からうってでた。
しかし、この寺でのセガール達の戦闘を見ているとスパルタンXを思い出す。

suparutanx.jpg
まさにこんな感じ

そんで、何人か殺してるうちに、トンガリ帽の頭にささっているかんざしをみて婚約者を殺したのはコイツと判断したためセガールがぶち切れる。


セガール「オマエカァア  カノジョコロシテヤルキャレェ」


最後の方は何を言ってるのか聞き取れません。
そして、その迫力にビビるトンガリ帽


トンガリ帽「日本人なめんじゃねーぞゴルァ」(`ロ´)


猛るトンガリ帽…だがっ!

tatakikorositeyaru.jpg
こえーよw


セガール「 タタキコロシテヤル 」(`ω´)


そしてセガールは刀を構えて斬りかかかる!!!

一つ!、二つ!、三つ!、四つ!、五つ!、六つ!、七つ……!!



九頭龍閃!!


kuzuryuusen.jpg
一瞬の内に7発(本来は9発)の斬撃を打ち込む
7回斬撃を頭部に集中して斬りかかるセガール
今までセガールの映画は恐らく全部観たと思いますが…かつてここまで残虐な攻撃をするセガール見たこと無いよw


セガールの斬撃を7回も頭部に喰らったらどうなるのか!?

atamakatiwarudo.jpg
こうなる

キムタク二世三巨頭の内の一人を殺したが…ここで老師の娘が助太刀にやってくるが…


セガール「バッキャロゥ!クルナッティユータヤロォ!」


何故かブチキレ。
今回のセガールはキレてばっかで笑えます。

セガールの捨てセリフに

”バカ……ばっか”とルリ風に聞こえてしまった俺はセガールに萌えた。


そして、舞台はクライマックスへ向かう…
彫り師は重症を追ってリタイヤ、中国娘はNO2のメガネと戦ってる
そして、セガールはキムタク二世と戦う。

busido-bure-do.jpg
ここへきてキムタク二世が本物のキムタクにしか見えなくなる。

ぶっちゃけこの戦闘は刀のみの戦いなのでいつもの拳法が見れない。
こいつらの戦いは、ブシドーブレードなので笑えてくるw
キムタク二世はブシドーブレードで言えば上段の構えと他二つほど構えをとる
セガールは下段の構え

ぼろぼろにやられた黒田は最後の一振りに命をかけますが…あっけなく黒田は死にます(´・ω・`) ショボーン


そして物語はフィナーレと向かう。
セガールが車に乗っていると電話がかかってくる

謎の人物「誰だと思う?」


そこで映画は終わりました。
確信は持てませんが、この謎の男とは ヌケサクだと思いました。ヌケサクだったとしたら…とんでもないことですよ!!

最後の戦いに参加せず、パートナーも彫り師に変わってるし、一体この黒田たちと戦ってる間なにをしていたのか?
まずはそこの部分を映画化して欲しい。

”はぐれ捜査官純情派”

みたいな感じで…よろしく。
まぁ、何を言いたかったのかと言うと


イントゥザサン観ようぜ!!
てことだ。


寝る

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

 

コメント

はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_kenzen/archives/53843936.html

です。



よろしくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。